ただ今の旬メニュー

地元でとれた山菜やふれあい農園の野菜を使った旬のメニューをご用意しています。ぜひ味わいにいらして下さい!

清流の郷日記

新メニュー開発(コンニャクイモ編)

今年はこんにゃくや自然薯をたくさん植えましたので、今新メニューを開発中です。さし向きこんにゃくは、こんにゃくソーメンと黒蜜きな粉のこんにゃくデザートが出来上がりました。今日から試食を経て、今週土日からデビューです。こんにゃくの不思議な食感を和らげるために、こんにゃくソーメンは自家製無農薬ねぎを薬味に使い、こんにゃくデザートには黒蜜ときな粉で食感を変化させてみました。今日は黒蜜もコーラ味のかき氷用シロップで作りましたので、若干爽やかなコーラ味に出来上がりました。こんにゃくは昨年のいもからサクッとした食感のこんにゃくを作りましたので、なかなか美味しいのではと思っております。

2010 秋 鮎プラン、やましろの秋の味覚堪能プラン 好評御予約受付中。

今年は美味しい鮎がたくさん採れてます。ブログにも載ってますが、アマゴも従業員が素手で捕まえて食べさせてもらってます。今年は釣りの許可証も買ったのですが、素手のほうが良く取れるみたいで、、、

そこで秋になりまた一段と美味しくなった鮎を使ってプランを組みましたので、よろしくお願いいたします。

春メニューです。山菜いっぱい

暖かくなり、ふきのとうや、葉野菜がどんどん成長しております。やはり側の農園で採れた物をすぐに天ぷらで食べるのはとてもおいしいです。おなかから春を感じられるこの頃です。

鍋シーズン到来!

寒くなり、いよいよ鍋のシーズンです。農園では鍋の材料、白菜、ダイコン、人参、春菊、キャベツ、里芋などがたくさんできてます。昨年好評だったもみじ鍋ですが、今年はコラーゲン玉を入れた美肌清流もみじ鍋にバージョンアップ。その上、新メニューの地元岩国市周東町の牛ホルモンを使った美肌もつ鍋も大好評です。噛むとじわっとしみ出る甘さはとってもおいしく、また、だしは味噌ではなく清流の郷特製のハーブだし。ニンニクをきかせていないからお昼の食事でも大丈夫。農園の無農薬野菜を使った安心安全なお食事をお楽しみください。また、現在新メニュー「カレーもつ鍋」を開発中です。お披露目は11月15日の錦ふるさと祭。是非祭にいらして、味わってみてください。

7月の新メニュー

7月に入り、ようやく梅雨という感じで雨が続いてます。農園の野菜たちはおかげさまでみずみずしく育ってます。

そこで、夏野菜をたくさん使った、さっぱりした冷麺が今月の新メニューです。仕事休みにいらっしゃる方も多く、スタミナを付けるためにも煮豚を盛りつけました。試作で食べたのですが、ちょっとご飯もほしかったので、今だけ小ライスも付けております。野菜はその日の朝取ってきますので、できた物がのります。今は、キュウリ、トマト、レタス、なすびなど。無農薬で安心な野菜を是非味わいにいらしてください。

冷スパ開発中

おいしいスパゲティーの麺を見つけました。こうなると、夏野菜もできはじめましたのでおいしいメニューを開発中です。試作品は農園の水菜と梅たれを使ったスパゲティー。ちょっと梅が効き過ぎていたので、方向転換。今冷やしスパ夏野菜バージョンを試作中。この土曜には商品化できると思います。

6月1日から鮎漁解禁です。漁協の方に無理を言って採れたばかりの宇佐川の鮎を分けてもらいました。焼くのに時間がかかりますので、受付で注文され、食事の前に温泉に入ってください。そうすると、あがられたときにはご用意できていると思います。平成17年「清流めぐり利き会」グランプリ、平成18年は準グランプリに輝いた宇佐川のおいしい鮎をどうぞ。

初夏の野菜、山菜

暑くなったり寒くなったりと、気温の変化が著しい今年です。そのなかでおいしい野菜はここの農園で育ってレストランに並びます。いらっしゃる方は天ぷらにびっくりされる方が多く、素材についていろいろと聞かれます。毎朝畑に行って、山菜や野菜を取ってくるので新鮮な素材の天ぷらはとてもおいしく、大好評です。

猪鍋!!ブチうまい!!

今年のシシ肉はロースのいい肉を買うことができ、とても好評です。この写真は某新年会につかったシシ肉です。このときはこれで4人前。一人300g程度使いました。

2009新春第1弾 ボリューム編

カツ鍋定食 1000円 

寒いときはしっかり食べて暖まろう。ということで、おいしいカツと、おいしいうどんをドッキングさせました。

女性にはちょっと量が多いかもしれないのですが、ゆっくりできる方は一度食べてみてください。

大根料理

新たにレストランの鉢物に加わりました揚げダイコンの時雨あんかけです。農園のダイコン、ゆず、葱、タカノツメを使って作ってみました。なかなかいけます。ふかたに農園には感謝!!